【個別英語レッスン】春から高3生。ギアチェンジしました。

こんにちは。個別英語:Yoko English のヨーコです。

春から高3になる生徒さん。今までも、かなり沢山の課題を毎週こなしていましたが、ここからもう一歩ギアチェンジする為に、更にレッスンの内容、宿題の内容を見直していくことにりました。難関大学へ標準を絞りましたので、本人のモチベーションもバッチリ!という事で、レッスンと課題の練り直しです。

最近までの課題

宿題

  • 単語帳の例文暗唱、音声提出
  • 文法プリント(問題を解く)
  • 英文読解(和訳)
  • リスニング(問題を解く)
  • 英作文(課題テストや模擬テストの直しがない時)

レッスン中

  • 文法プリントの誤答部分の解説→やり直し(口頭でチェック)→次週の宿題として誤答部分は記述して再提出
  • 英文読解の「文の構造」の解説、「うまい訳し方」の練習
  • リスニング誤答部分のチェック
  • 英作文添削

レッスン時間外フィードバック

  • 例文暗唱フィードバック(アクセントの位置や、読み間違えた部分について)

現在の状況

音声提出された例文暗唱のフィードバックは、その日のうちにLINEで返す形ですので、レッスン中には取り扱いません。が、毎週のルーティーンワークの他、課題テストや模擬テストがあれば、誤答部分のやり直し、難しい読解問題は全文和訳、などを適宜入れる形で、かなりキツキツのスケジュール!でした。テストをジャンジャンする学校なのですが、学校では全く復習の時間が無いという事ですので、音源が手に入らないリスニング以外は全てこちらでチェックしている状況。キツキツになるきまってます。

ですので、全ての課題をレッスン中にこなせない!という事態が発生し始めていました。特に、宿題で出しているリスニングのチェックに時間が割けず、やりっ放しになる事がしばしば…。これだけやっていても、まだまだ読解や英作を強化しないといけないという中でどうしよう…!と思っていたところでもありましたので、高3になるのを機に、新しい課題を入れつつ、レッスン外で適宜フィードバック出来るものはしていく方向に舵をきろう!という事になりました。

これからの課題

宿題

  • 単語帳の例文暗唱、音声提出
  • 文法プリント(問題を解く)
  • 英文読解(和訳)
  • リスニング(問題を解く)
  • 英作文(課題テストや模擬テストの直しがない時)
  • 英文シャドウィング↼New!

レッスン中

  • 文法プリントの誤答部分の解説→やり直し(口頭でチェック)→次週の宿題として誤答部分は記述して再提出
  • 文法プリントの誤答部分のテーマを扱った例文を瞬間英作文する↼New!
  • 英文読解の「文の構造」の解説、「うまい訳し方」の練習
  • 難易度少し低めのの初見長文(パラグラフごと) リスニング+概要把握↼New!

レッスン時間外フィードバック

  • 例文暗唱フィードバック(アクセントの位置や、読み間違えた部分について)
  • リスニング、間違えた問題の英文のどこが聞きにくいかのフィードバック↼New!
  • 英作文添削↼New!

まとめ

次回のレッスンから、これらの方法でレッスンを進めてまいります!
生徒さんの、隙間時間に英語に接する時間が増えて、英語力全般の底上げになってくれるといいな!と思います。

  • レッスン時間外フィードバック増量作戦

とりあえず、レッスン時間外でフィードバック出来るものは、フィードバックで解決しちゃおう!という作戦です。
リスニングは、宿題で取り組んだものの中で間違えた問題を、その都度、提出してもらう。その問題の捉え間違えそうな文の「聞きにくい理由」や「音の変化」をピックアップしてフィードバックします。こちらの指摘したところ以外で、分かりにくい部分があれば質問してもらう。
英作文は、赤ペン先生のように添削してフィードバック。添削後の質問もレッスン外でやり取り。(あまりに文章で説明しにくいものはレッスンで取り扱う)
この二つを増量!

【リスニングのフィードバック例】

  • 瞬間英作文作戦

今までも英作文の課題は折を見てしていましたが、どうしても読解と文法に時間を取られるので、なかなか英作文に時間が取れませんでした。そこで、その英作文の課題はボチボチと続けながら、それとは別に、レッスンで取り扱った文法を使ってすぐに短い文を作ってもらうという瞬間英作文作戦!を取り入れていくことにしました。短い英作の積み重ねが、夏以降に取り組むことになるだろう長めの英作文の練習の土台になってくれるはず!と思っております。

  • リスニング+速読作戦

レッスン外に、自分で課題以外の英語を率先してジャンジャン読む!というのは、なかなか大変です。そこで、レッスン内で少し生徒さんのレベルより低い長文を初見で聞く/読む 大作戦!を決行いたします。
私が速めのスピードで音読するのを、まず何も見ずに聞き、その後、その音読を聞きながら文章を読むというタスクです。生徒さん自身のペースで返り読みをしながら読むことが出来ず、おのずと速読の練習に繋がるのでは、と思っています。そして、文章に目を通してすぐに、そのパラグラフの「要約」「その他キャッチできた情報」を言ってもらいます。
読む素材は、のちに意見交換が出来そうなもの、を選んでいくつもりです。最後に意見を英語で交換できる、という所までいければ良いなと思います。

  • シャドウィング作戦

英語の長文は、いつも必ず音読してもらっていましたが、今までは自分のペースで読んでもらっていただけでした。ですが、これからは、私が音読したものにシャドウィングするという形で、英語の流れ、ポーズの入れどころ、音、に慣れてもらおうと思っています。ここで使う素材は、レッスン中に扱った初見の文です。レッスン中には、大意を掴む速読練習ですが、レッスン外の課題でシャドウィングを何度もすることで、精読に通ずる効果が出る事も期待しています。

【シャドウィング音声例】


かなり課題が多いけれど、きっと、全部やってくれると信じています^^
一緒に頑張っていくぞ!

使用教材

文法の問題は「大学入試 Gear Up 英文法問題集」で総復習中

読解の問題は「英文読解透視図」で練習中

ヨーコ

個別英語レッスンの提供をしております。レッスンについて質問のある方、お申し込みの相談などある方はお問い合わせフォームよりどうぞ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください